調査力と費用が全てではない浮気調査

浮気調査の費用比較WEB

浮気調査をしてくれる探偵の費用比較をしている貴方

探偵を探している理由としては、依頼主の都合でいろいろとあると思います。探偵が依頼を受けることが出来る、また調査業務は以下のものがあります。

 

浮気調査、素行調査、人探し、個人・企業信用調査などです。

 

これらの業務内容の中からもっとも探偵社へ依頼が多い業務が、浮気調査です。
浮気調査は男女の縺れや、夫婦間の関係などの影響を強く受けるもので、年間で数十から数百件と浮気調査だけでも依頼があります。

 

  • そしてこの浮気調査が探偵の調査業務の中でもっともトラブルが多い業務でもあります。

 

以前までは浮気の調査と「別れさせ工作」が一緒になって業務をおこなう探偵社も多くありましたが、法改正と社団法人のが出来上がってからは「別れさせ工作」を禁止する地方自治体が増えてきており、多くの探偵社ではこの業務を担当しなくなりました。

 

  • 探偵へ調査依頼を出したときのトラブルで、浮気調査の次に多いのがお金に関するトラブルです。

 

これは調査依頼をしたときに掛かる依頼料金、調査の費用のことです。

 

一般的に探偵社では費用に関して、依頼者と明確に契約を結ぶ段階で取り決めをおこなうか、またはインターネットや電話で見積もりを聞いてから大体の費用を知ることができるのですが、探偵社の中には悪徳探偵とも呼べる業者が少ないですが、存在しています。

 

この悪徳探偵は契約後に諸経費や、人件費、さらには機材費など、次々に費用の上乗せをおこなってくる場合があるのです。

 

そんな悪徳探偵と契約をしてしまったら、高額費用を支払うことになるかもしれない…。そんなことにならないためにも優良探偵を選ぶポイントについて、そして依頼に必要な費用について詳しく解説をしていきます。

経験者の意見は大事

費用の比較をするためには、浮気調査をおこなう興信所または探偵事務所の情報を多く集めることが必要になると思います。

 

その情報の中には、実際に浮気調査をおこなってもらったことがある人の話や依頼後に支払った料金の総額に関する話も含まれると思います。

 

興信所や探偵事務所へ依頼をするときには、この情報が大変重要なものになります。

 

何故なら、浮気調査を依頼しようとしている人のほとんどが、初めて調査依頼を出す人で、料金の相場などをまったく知らない人だからです。

 

そのため、料金相場を知る上で、実際に依頼をしたことがある人の話というのは大変参考になるのです。

 

どういった内容で浮気調査をしてもらい、結果的に調査は成功した場合の料金の金額から、調査に失敗したときの料金まで調べることが出来ると思います。

 

もちろん、依頼内容というのはプライベートな事柄が多いので依頼内容の概容は伏せられて、料金のみ記載されている体験談もあると思います。

 

そんな情報のなかで、自分の条件でいったいどれぐらいの料金が発生するのか予想を立てておき、実際に探偵業者へ見積りの依頼を出すことで、大まかな料金相場を知ることが出来ると思います。

 

料金相場を知り、そして依頼内容の確認をしてから調査の実施をしてもらうようにしましょう。

浮気調査の費用の比較基準とは

浮気調査をしてもらう為に必要なこと、探偵事務所を選ぶための費用の比較基準を詳しく知っておくこと、または自分で費用の比較をすることが出来る状態で、判断基準を多く持つことは、探偵事務所を選ぶだけではなくほかのことでも選択肢が増える有効な方法です。

 

そして、探偵事務所の費用比較の基準ですが、大きく分けると3つの料金プランを比較することが出来れば、ほぼ全ての探偵業者の料金を比較することが可能になります。

 

3つの料金プランとは

 

  • 成功報酬
  • 初期費用型
  • 成功報酬+初期費用型

 

以上の3点です。
この3つのプランはそれぞれ特徴に違いがあります。

 

そのため、一概に浮気調査の料金を比較するといっても、プランの違いでまったく金額が違うため正確な比較ができない、ということになります。

 

そこで、まずは3つのプランの特徴を理解することが重要です。

 

成功報酬とは、浮気調査の料金プランでもっともポピュラーな料金プランだと思います。

 

あらかじめ浮気調査の成功条件を定めておき、その成功条件を満たせば、探偵に成功報酬を支払います。

 

この成功報酬ですが、手付金と成功報酬と別々に用意されているケースがあります。

 

最初に手付金を支払い、調査が成功すれば成功報酬を支払うというものです。

 

そのため、調査料金を比較する場合、成功報酬プランでは、「手付金」と「成功報酬」の別々で金額を比較する必要があります。

 

 

次に、初期費用型の料金プランの場合、初期費用とは言っていますが「着手金」や「預かり金」、「保証金」など呼び方は各社で違います。

 

このプランでは、あらかじめ一定金額を探偵事務所に支払っておき、調査を行った分(最低調査時間の保証範囲)がそこから支払われます。

 

また、一定金額以上の調査を行った場合は、追加で料金を支払うことになります。

 

そのため、追加料金が膨大になって、調査が継続できないというケースが多いのもこのプランの特徴です。

 

この初期費用型の料金プランを比較しようとしたとき、最初にいくらの料金を支払うかを比較します

 

例えば、A社が100万円で90時間の調査を行う、B社が70万円で45時間の調査を行うといった場合、どちらがお得なのか、1時間あたりの単価を比較すればわかります。

 

 

最後に、成功報酬+初期費用型の料金プランですが、このプランは先に紹介した2つのプランの特徴を併せ持った料金プランです。

 

また、このプランの特徴として、成功報酬と初期費用が、それぞれ単体のプランとは比較的安いという特徴があります

 

成功報酬プランだけの浮気調査が150万円だったら、成功報酬+初期費用型の成功報酬額は50万円といった感じになります。

 

そんため単体の料金プランと成功報酬+初期費用型のプランは比較してしまうと、金額差が大きくなりすぎるため、比較の意味がありません。

 

成功報酬+初期費用型のプランも、同じプラン同士で比較してください。

 

この比較の際、成功報酬と初期費用を別々に比較します。

 

例えば、A社が成功報酬50万円、初期費用が30万円で1日5時間の調査を8日間行った。
また、B社が成功報酬80万円、初期費用が15万円で1日5時間の調査を6日間行った。

 

というように、それぞれの金額と調査日数を比較します。

 

 

ここまで説明したように、各料金プランで各々を比較して、最終的にどのプランがお得なのか、また料金が一番高いプランがどれで、安い料金プランはどれかを調べるものです。

 

3つの料金プランはメリットもあればデメリットもあります。その違いについても調べて比較材料にすることが大切です。

ホーム RSS購読 サイトマップ